占い師・桜田ケイのブログです

|TOPIC | LOG | LINK | ME | MAIL | 絶品!キャットフード | タロットバーRosy | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.09.20 Sunday ... - / -
#13.死神
タロットカードの簡単な解説シリーズ。
13番目は死神のカードです。

死神「Death」のカードには、
大きな鎌をもった死神の姿が描かれていて、
足元に骨だったり体の断片だったり、
なんとなく怖そうな絵のものが一般的です。

カードのシンボルは、終末とか終結とか、
何となくネガティブな言われようが多いのですが、
自分は「再生」だと感じることが多いです。

終わりがあるから始まりがあって、
ひとつの区切りをつけることは、
どんな事柄に対しても大切なことです。
いい状況も、悪い状況も、いつまでも続きません。

季節が巡って冬から春に移り変わるように、
恋人と別れても次の出会いがあるように、
過去と現在をきちんと区切るもの。
それが死神なのではないでしょうか。

自分が最初に使ったタロットでは、
死神のカードは鎌をもった骸骨が真ん中にいて、
その右上には新しい命が芽吹いている絵柄で、
終わりと始まりの暗示を強く感じました。

変化を恐れないで、大胆に変わってみる。
悪い過去ならいつまでもとらわれないで、
未来を楽しむために、学習して改善すればいい。

いい過去ならなおさら。そこにこだわらずに、
よりよい未来を手に入れましょう。

名前と絵柄で嫌われがちなカードだけど、
振られた後に一緒に飲みに行ったら
「他にいっぱいいるって。次!次!」って
はげましてくれる友達のようなカードでもあります。
2009.05.26 Tuesday ... comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2009.09.20 Sunday ... - / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://uranaiyasan.jugem.jp/trackback/263
<< NEW | TOP | OLD>>